• Landwirtschaftliche Biogasanlage
  • Biogasanlage 370 kW
  • Biogasanlage 350 kW
  • Gasspeicherdach mit BHKW
  • Biogasanlage 1000 kW
  • Edelstahlfermenter 3000m³
  • Biogasanlage Polen 1000 kW
  • Biogasanlage Rumenien 2000 kW

ENSPAR Biogas GmbH

Paderborner Straße 44
33181 Bad Wünnenberg

Fon: +49 2957 – 98 42 770
Fax: +49 2957 – 98 48 88

E-mail: enspar@enspar.de

滅菌と低温殺菌

EG 177/2002とEG 1069/2009と言う衛生条例に含んでいる原料はバイオガスプラントを使用出来る前に加熱処理がしないとなりません。条例(EG)1069/2009の通りに原料はカテゴリに3つ分けられます。各原料は別のカテゴリに属して、別の前処理が必要になります。

屠畜場からの残渣(カテゴリ2)の場合にはバイオガスプラントを使用できるために高圧を2~3バー使って133℃の圧力滅菌を30分間が入用です。その上に滅菌しないとならない原料は不純物析出方法と場合によっても多段的な破砕で前処理にしなければいけません。CHPからの90℃の熱水が足りないので温度が足りるように他の熱源が必要です。滅菌した後で原料が133℃の温度を持っています。原料の高温で滅菌装置が出ると圧熱的に応力緩和して冷却されなければなりません。.

滅菌器にての高圧があるので色々の安全的な装置が必要です。 バイオマス残渣の処理に低温殺菌が足ります。低温殺菌することが70℃で行います。圧力がなくて1時間以上掛かります。

両方の処理にENSPARは構成部品で測定と制御技術を入っているトータル設備でも提供します。

Nach Oben
Template by JoomlaShine