• Landwirtschaftliche Biogasanlage
  • Biogasanlage 370 kW
  • Biogasanlage 350 kW
  • Gasspeicherdach mit BHKW
  • Biogasanlage 1000 kW
  • Edelstahlfermenter 3000m³
  • Biogasanlage Polen 1000 kW
  • Biogasanlage Rumenien 2000 kW

ENSPAR Biogas GmbH

Paderborner Straße 44
33181 Bad Wünnenberg

Fon: +49 2957 – 98 42 770
Fax: +49 2957 – 98 48 88

E-mail: enspar@enspar.de

Abfallbiogasanlage mit Abfallmanagement und Aufbereitung

畜産残渣処理システム

以下では、東ヨーロッパでのENSPARによる養豚農場と屠畜場のために設計されたバイオガスプラントの例をご紹介します。プラントはすでに稼動しており、高効率、高性能のバイオガスを生成しています。800 kWの出力で、年間最大32,000トンの畜産残渣を処理し発酵させることができます。

「閉鎖系システム」として運営されているこの農場では、バイオガスプラントは、最終的な液体肥料貯蔵区画に導入されました。嫌気性湿式発酵プロセスにおける有機廃棄物および再生可能原材料の発酵のための多槽式プラントが建設されました。特に、低エネルギーと低臭の運転に重点が置かれました。

バイオガスは、4つのステンレス鋼製発酵槽で製造、貯蔵され、既存の建物に設置された4つのガスタービンにより供給されます。それが生物学的に予備脱硫される前に、活性炭フィルターを介して乾燥され、細かく脱硫されます。

タービンからの廃熱は、冷却および排気熱交換器を備え、畜産残渣の衛生、発酵槽の温度制御、厩舎の加熱などに使用されています。

バイオガスプラントに加えENSPARは、原料調整及び殺菌/消毒のための技術装置を提案しました。

原料受け入れエリアは、畜産残渣の受け入れ、粉砕および中間貯蔵のための構成要素が作られたピットからなります。処理のために、白と黒の領域に分割されたホールが建てられました。同時に、受け入れ、ポンピング、処理および制御技術を収容しています。

畜産残渣の処理は、多段粉砕および熱処理を介して行われます。血液などの液体原料は、別々に採取され、その後、粉砕された畜産残渣とともに滅菌されます。最終的な冷却プロセスの後、混合物は発酵のためにバイオガスプラントに供給されます。

ENSPARから供給されるプラント制御システムでは、プラントの安全装置、センサー、モーターが監視、制御、規制されます。原料投入などの自動化されたプロセスも制御されています。

プラントの建設完成後、ENSPARの経験豊富なエンジニアが、スタートアップ段階と試験運転ならびに現場でのサポートを実施しました。

Nach Oben
JSN Epic 2 is designed by JoomlaShine.com | powered by JSN Sun Framework