• Landwirtschaftliche Biogasanlage
  • Biogasanlage 370 kW
  • Biogasanlage 350 kW
  • Gasspeicherdach mit BHKW
  • Biogasanlage 1000 kW
  • Edelstahlfermenter 3000m³
  • Biogasanlage Polen 1000 kW
  • Biogasanlage Rumenien 2000 kW

ENSPAR Biogas GmbH

Paderborner Straße 44
33181 Bad Wünnenberg

Fon: +49 2957 – 98 42 770
Fax: +49 2957 – 98 48 88

E-mail: enspar@enspar.de

単一発酵プラント

単一発酵に適した種々の生産残渣の中には、特にドイツでは肥料、エネルギー作物または飼料残渣のような農業由来の残渣があります。インドネシアやマレーシアは、ヤシ油生成にとって最も重要な栽培国の一つで、ヤシ油産業からの大量の廃水があります。

それぞれの生産残渣と現場の状況に応じて、ENSPARは、個々のモジュラーコンポーネントから高品質のステンレススチールで構成されるシステムまで、効率的で技術的なプロセス解決策を開発して提案します。

既存のプラントにバイオガスプラントをどのようにして導入するかは、インドネシアのヤシ油工場の例で簡単に説明させていただきます。

ヤシ油工場の廃水は、開放されたラグーン(潟湖)で収集・浄化され、既存の開放路を経由して1km離れた新しいバイオガスプラントに輸送されます。そこでは、すでに工場の汚泥貯留のために使用されている多くのラグーンが存在します。発酵のために約6000立方メートルの発酵槽が構築されます。

ENSPARのバイオガス技術によるバイオガスプロセス

バイオガスプラントに供給される前に、汚水は砂および繊維質から除去され、機械的に0.5%未満のTS濃度に修正されます。予め浄化された廃水は、冷却塔を備えた熱交換器によって冷却され、第1の発酵槽で加水分解され、。次いで加水分解された廃水をバイオガスが生成される第2の発酵槽にポンプ輸送します。

毎時約19.5 m3の廃水量に80%のCOD除去率で、利率約0.5m3のバイオガス/ kg CODでは、約1,240.0 kWの電力を有する毎時507 m3のバイオガスが生成されます。生産されたバイオガスは、コージェネレーションプラント(CHP)で電気と熱に変換されます。廃水負荷と稼動電気コストの両方を大幅に削減します。

ENSPARは上記のプロジェクトに、ステンレス鋼製で温度、pH、CODの測定技術と加水分解を含む熱交換器および発酵槽、安全工学、NaOH投入ステーション、攪拌機、ポンプおよび制御技術を提供します。

ENSPARプラントのモジュール設計

すべてのコンポーネントはドイツで事前に設計・製造されており、モジュラー設計により輸送が容易で、世界中へ出荷することができます。現場での組み立ては、経験豊富なフィッターにより数週間以内に実施されます。

Nach Oben
Template by JoomlaShine